ビオチンを効果的にとる食べ方(ゆで卵、目玉焼き)

「ビオチン」とは、健康な皮膚、粘膜の生成を助ける成分です。

ビオチンを効果的に摂る食べ方は、生卵のときに混ぜないことです。卵白と卵黄を混ぜてしまうと、卵白のタンパク質の中に含まれている、「アビシン」という成分が、ビオチンの吸収を妨げてしまいます。理想は卵をかき混ぜず、そのまま火を通す食べ方がベストです。

するとアビシンによるビオチンの阻害がなく、吸収がスムーズになります。そして、食べ応えが増して、ダイエットにも向いている食べ方です。