乳児の卵アレルギーは早い時期に摂取すると症状が緩和する?

乳児はホルモンバランスの影響で、免疫力が低くアレルギーにかかりやすいです。その代表的なアレルギーで卵アレルギーがあります。

長い間、食べ物アレルギーがある赤ちゃんは、原因となる食べ物は食べさせないようにするのが定説でした。しかし、近年はその考え方が変わってきています。乳児が卵アレルギーの疑いがある場合は、生後半年ごろから少しずつ卵を食べさせると症状が緩和する、と日本小児アレルギー学会が発表しました。

食物アレルギーの原因は、体の中に入ってきた病原菌を取り除こうとして、免疫システムが過剰に攻撃をしてしまうことから起こってしまいます。少量の卵を与え続けると症状が80パーセントも改善したというデータがあるので、乳児のころからできるだけ早い段階で食べさせるとアレルギーが慢性化しにくくなります。

実際に卵アレルギーの赤ちゃんは多くいます。かわいいお子様のアレルギーが心配な方はこちらのサイトを参考にしてみてください。