卵に含まれている「ルテイン」が目に良い

ルテインは眼精疲労に良い成分と言われています。ルテインを摂取することによって、青色光を防いでくれる効果があり、スマートフォンやパソコンの光を浴びた目の疲れを和らげてくれるサングラスのような役割をしてくれます。さらに目に良い効果が2つあります。

1)白内障の発症を防ぐ

2)緑黄色野菜もルテインが多く含まれているが、卵のルテインの方が吸収率が良い

目を酷使すると、活性酸素がたまり、視力が落ち白内障になる可能性があります。ルテインは抗酸化物質なので、増えすぎてしまった活性酸素を減らし、健康な目を維持してくれます。

そこで、ルテインが多く含まれている卵を食べると目の疲れを軽減します。

緑黄色野菜もルテインが多い食品ですが、卵のルテインはほうれん草の3倍も吸収率が高くなっています。