白い卵と赤い卵、ちがいは何?

お店に行くと赤い卵と白い卵があります。

 

その違いはその卵を産む「鶏の種類」によって色が変わっていきます。

 

・赤い卵を産む鶏→名古屋コーチン

・白い卵を産む鶏→ジュリア

 

日本で「白い卵」「赤い卵」の代表的な種類としてはこの2つが挙げられます。

 

赤い卵の方は、卵を産むときに赤い色の成分が分泌されて、その際に殻に赤い色素がついて赤い卵になると言われています。

 

一般的に「赤い卵は白い卵より栄養がある」と言われることが多いですが、「栄養素はほぼ同じ」だと言われています。

 

赤い卵がなぜ白い卵より値段が高いのかというと、「白い卵より育てるのにお金がかかっているという点」が挙げられます。

 

赤い卵を産む鶏は、餌をたくさん食べます。

対して白い卵の鶏の方はあまり餌を与えなくても育つため、赤い卵よりも値段が安いです。

 

そして、「生産効率」も値段に関わっています。

 

白い卵は少ない餌でたくさん卵を産みますが、赤い卵の方はたくさん食べるのに白い卵より卵を産みません。

 

この生産のパフォーマンスが高いことも白い卵が安い理由の一つとして挙げられます。

 

外側の色は違いますが、中身は同じです。

赤い卵のすぐ下の層は白くなっており、白い卵となんら変わらないです。